将棋Q&A

将棋界初の女性棋士誕生なるか!?里見香奈女流五冠のプロ編入試験突破の可能性とは

こんにちは味噌人です。

本日は現在プロ編入試験まであと一勝に迫っている里見香奈女流五冠による将棋界初の女性棋士誕生の可能性について紹介していきたいと思います。

女性棋士になるための2つの道~奨励会とプロ編入試験~

里見女流五冠による女性棋士誕生の可能性について検討する前に、プロ棋士になるための2つのルートを簡単に紹介したいと思います。

奨励会ルート

棋士になるためのルートとして王道といえるのが将棋連盟が主催する「新進棋士奨励会」いわゆる「奨励会」を突破することです。

羽生九段や藤井聡太七段を始めとするトッププロは全員奨励会に在籍し、その中を勝ち上がることで実力を養い棋士となりました。

奨励会はアマチュア3、4段の実力があって初めて6級として入会できます。

そこから棋士になるための生き残りをかけた激しい戦いを潜り抜け3段まで上がって初めて、4段への昇段をかけて争われる3段リーグに参加できます。

年2回行われる3段リーグで2位以内(もしくは3位を2回)になることで初めて四段になり「プロ棋士」になれるのです。

ただし、奨励会に厳しい年齢制限があり、満23歳の誕生日までに初段、満26歳の誕生日までに四段に昇格できなければ強制退会となります。※ただし、ずっと勝ち越してれば30歳までは退会を引きのばせます

なお、里見女流五冠は2018年、満26歳の年齢制限を迎える62回奨励会三段リーグで負け越したことにより『勝ち越しによる在籍期間延長』が不可となり奨励会を退会することとなりました。

里見女流五冠は最後の三段リーグは711敗と大きく負け越しており、第58期から第62期まで5期参加した三段リーグでも一度も勝ち越すことが出来ませんでした。

女流棋界において絶対王者として君臨する里見女流五冠ですら勝ち越すことができないほど、奨励会3段リーグは厳しい世界であると言えると思います。

奨励会の厳しさやそれにかける奨励会員の思いを知りたいなら大崎善生著『将棋の子』が素晴らしい出来なので、是非ご一読されることをおススメします。

プロ編入制度ルート

奨励会を経由しないルートとしては、アマチュアや女流棋士からプロへ編入する「プロ編入制度」があります。

これはアマチュアや女流棋士が参加できるタイトル戦の予選や一般棋戦予選で棋士相手に直近の成績で10勝以上、勝率65分以上という規定を満たす好成績を収めたアマチュア棋士が、改めて編入試験で棋士相手に5局対局し、3勝できればプロ棋士に昇格できるという制度です。

里見女流五冠はこれまでに公式戦で通算44局棋士相手に戦い17勝27敗。

直近の14戦は9勝5敗となり次の公式戦に勝てば『最近の成績が10勝以上かつ勝率6割5分以上』というプロ編入試験の受験条件を満たします。

次戦の対局結果は将棋界のみならず、世間一般にも注目を受ける大勝負になりそうですね。

なお、この制度を利用してプロ入りした棋士に「瀬川六段」や「今泉四段」がいます。

瀬川六段のプロ入りまでの軌跡は「泣き虫しょったんの奇跡」として本や映画にもなっていますね。

また今泉四段も非常にドラマティックな人生を歩んでいて、本にもなっているので、里見女流五冠のプロ編入試験にかける思いを想像する一助として、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

里見香奈女流冠の次戦の対局予定は?

プロ編入試験まであと一勝と迫り大注目となる次戦ですが、直近の棋士との対局予定としては以下のとおりとなります。

【叡王戦〔四段予選〕】7月27日(土)黒田尭之四段戦

【加古川青流戦】8月12日(日):大橋貴洸四段

【朝日杯将棋オープン】日時未定:北浜健介八段vs杉本昌隆八段の勝者

直近では727日の叡王戦がプロ編入試験資格をかけた大一番となります。

しかも、対局相手である黒田四段はもし編入試験を受ける場合、初戦の対局相手でもある重要な相手。目が離せませんね!!

ただ27日の叡王戦前にNHK杯の2回戦の対局が挟まれている可能性もあり、その場合NHK杯2回戦に勝利していればその時点で資格を得ますが、敗北していると将棋連盟が特別にプレスリリースをしない限り、結果がテレビ放送までわかりません。

NHK杯の日程や結果次第では

『27日の叡王戦で里見先生が勝ったのにプロ編入試験の記者発表がないのは①里見先生にプロ編入の意志がないからなのか②手続きに時間がかかっているのか③それともNHK杯2回戦で負けたからなのか』

とファンがヤキモキするパターンもあり得るわけで、注意が必要ですね。

【7/29追記】

7月27日の叡王戦において見事里見香奈女流5冠が勝利を収めました!!

しかし、7/29現在まだ将棋連盟やマスコミからプロ編入試験のプレスリリースはないため

  1. NHK杯2回戦の対局が既にあり、里見香奈女流5冠が敗北している
  2. NHK杯2回戦の対局はまだであり、プロ編入試験資格を有しているがその意思がない、もしくは届出提出までの1ヶ月あるためまだ提出していない

この2つのうちどちらかとなります。

個人的には8月3日に女流新タイトルとなる清麗戦の第一局があるため、当面そちらに集中するため届出の提出をすぐ行っていないだけいう説を推したいですが、詳細はNHK杯の放映まで分からない可能性もあります。

【8/12追記】

里見香奈女流5冠が8月11日に行われた『加古川青流戦 対大橋貴洸四段』との対局での敗戦直後のスポーツ報知のインタビューで以下のとおり答えています。

編入試験について「現時点では自分の中に意思はないので、考えてはいないです」と改めて思いを明かし、「今は、公式戦に女流棋士枠を作っていただいて、恵まれた環境の中で指させていただいていることが本当にありがたいと思っています」と感謝を述べた。

日本将棋連盟は今月7日、女流棋士が棋士編入試験に合格した場合、公式戦と女流公式戦の両方に参加することを可能とする新規定を発表。これについては「環境を整えていただき、配慮をしていただいた規定で大変ありたたいです」と述べた。

この発言から、現時点ではプロ編入試験資格を得ていない可能性が濃厚ですね。

やはりNHK杯2回戦が7月27日より前に行われ稲葉八段に敗戦という結果が予想されることから、プロ編入試験資格はしばらくはお預けとなりそうです。

また随時情報があり次第更新します!!

プロ編入試験の対局相手は?

日本将棋連盟によるプロ棋士編入のための試験規定によれば、プロ編入試験における棋士との5番勝負の試験官は新四段5名を棋士番号順に選出されます。

もし、7月に編入試験の資格を得た場合、里見女流五冠と対局するのは以下の5名。

  • 黒田尭之四段:115位(棋士レーティング@7月4日時点。以下順位はレーティングを示します)
  • 出口若武四段:87位
  • 山本博志四段:117位
  • 本田奎四段:66位
  • 池永天志四段:100位

直近にプロになった5名という事で、かなり運に左右される対局相手ですが、現在プロ編入試験を受けるとなった場合の5名の対局相手はかなり勝ち目があるメンバーと言えるかと思います。

里見女流五冠の直近7戦の対棋士成績は対局が近い順から

  1. 黒田尭之四段:115位→勝利
  2. 畠山鎮七段:68勝利
  3. 有森浩三七段:136位 →勝利
  4. 大橋貴洸四段:20位 →敗戦
  5. 都成竜馬五段:38勝利
  6. 浦野真彦八段:149位 →勝利
  7. 出口若武四段:87位 →勝利

となっており、近々試験官となる可能性もある出口四段だけでなく、若手有力棋士の都成五段や順位戦でB級1組に在籍する畠山鎮七段にも勝利しており、実績は十分。

比較的レーティングが低い現在の試験官5名相手であれば十分にプロ入りの可能性はあるでしょう。

例えば藤井聡太七段がプロ入りした直後にプロ編入試験を受けていた場合は

  • 大橋貴洸
  • 藤井聡太
  • 佐々木大地
  • 井出隼平
  • 都成竜馬

という絶望的なメンバーが相手になっていたわけで、そういう意味では里見女流五冠にとっては絶好のチャンスだと言える状況が整っています。

プロ入り編入試験を受けた場合の勝敗予想

完全な個人的妄想なのでそれでも良いという方だけご覧いただきたいのですが

  • 黒田尭之四段:レーティング的に勝利の可能性十分あり→勝利(1勝)
  • 出口若武四段:直近で里見女流5冠が勝っている→勝利(2勝)
  • 山本博志四段:レーティング的に勝利の可能性十分あり→勝利(3勝)プロ入り確定!!
  • 本田奎四段:プロ入り後9勝1敗と絶好調で厳しい相手→敗戦(3勝1敗)
  • 池永天志四段:レーティング的に勝利の可能性十分あり→勝利(4勝1敗)

3勝すれば実際にはそのあとの対局はありませんが、4勝1敗ペースで行けると思うので、プロ編入試験を受けることさえできれば、史上初の女性棋士誕生が期待できると思います!!

まとめ

里見女流五冠女性棋士への道のり
  • 次戦で勝利すればプロ編入試験の資格を得る
  • 編入試験では棋士相手に5戦して3勝すれば史上初の女性棋士に
  • レーティング的にも3勝以上する可能性は十分
  • 史上初の女性棋士誕生に期待

プロ編入試験を受けるとなれば、里見女流五冠には将棋界のみならず、世間からの注目も集まり平常心を保つことも難しい状況になると思いますが、是非逆境を乗り越え、史上初の女性棋士になってほしいですね!!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントなど頂けましたら幸いです。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!