将棋記録の殿堂

【木村一基九段更新なるか!?】将棋界の最年長初タイトル獲得記録まとめ

こんにちは味噌人です。

今日は現在木村一基九段の王位挑戦によりにわかに盛り上がっている将棋界最年長初タイトル獲得記録について書きたいと思います!!

長きにわたるタイトル戦の歴史のなかで、どのような記録が生まれてきたか、是非ご覧ください。

最年長初タイトル獲得記録

現在王位のタイトル挑戦中の木村一基九段は46歳ですが、それでは現在の将棋最年長タイトル獲得記録はどうなっているのでしょうか??

トップ5は以下のとおり

順位 氏名 初タイトル獲得年齢 初獲得タイトル・通算記録
?? 木村一基九段 今回獲得できれば

46歳

2ヶ月

王位(2019年度)??

登場7回

獲得?期

1位 有吉道夫九段 37歳

6ヶ月

棋聖(1972年度後期)

登場9期

獲得1期

2位 桐山清澄九段 37歳

5ヶ月

棋王(1984年度)

登場10期

獲得4期

3位 森雞二

九段

36歳

3ヶ月

棋聖(1982年度)

登場8回

獲得2期

4位 深浦康市九段 35歳

7ヶ月

王位(2007年度)

登場8回

獲得3期

5位 大内延介九段 34歳

6ヶ月

棋王(1975年度)

登場4回

獲得1期

 

この表から見てもわかるように、木村九段が今回の挑戦でタイトルを獲得すれば

  • 46年ぶりの最年長初タイトル獲得記録の更新
  • 最年長記録を9歳大幅更新

とまさに将棋界の歴史を塗り変える大偉業となります!!

コンピューターソフトの発展により、ソフト研究なしではトップ戦線にとどまることが難しくなってきている昨今の将棋界においては、ベテランが苦戦する傾向にありますが、その流れに逆らい将棋界に風穴をあけることができるか注目されますね!!

タイトル未経験者における最多挑戦記録

木村九段は解説やフリートークが棋界屈指にうまく『解説名人』とも呼ばれる一方、その粘り強い棋風から『千駄ヶ谷の受け師』の異名も持つ非常に人気の高い棋士で。

しかし、木村九段が応援される理由としてはその話術の巧みさ将棋の強さや『おじさんの星』という年齢的なもの以外にも、これまでに6回もタイトルに挑戦しながら獲得に至らないという点が上げられるかと思います。

特にこの1局に勝てばタイトル獲得という対局は8局あり、木村九段とともに涙を飲んだ将棋ファンも多いでしょう。

そこで、参考までに現在タイトル未経験者における最多挑戦記録を下記にまとめてみました。※太字は現役

  • 木村一基九段:挑戦7回
  • 森下卓九段:挑戦6回
  • 花村元司九段:挑戦4回
  • 松田茂行九段:挑戦3回
  • 丸田祐三九段:挑戦3回
  • 勝浦修九段:挑戦2回
  • 西村一義九段:挑戦2回
  • 高島一岐代九段:挑戦2回
  • 鈴木大介九段:挑戦2回
  • 行方尚史八段:挑戦2回

こちらもオールドファンに馴染みのある名前が多いですね。木村九段が将棋界の歴史と戦っていることが伝わります。

タイトルに複数回挑戦できるのは強者の証。

タイトル獲得こそなっていませんが、多くの実績を積み重ねた棋士を知っていただければ幸いです。

最年長タイトル挑戦・獲得記録

今回木村九段は46歳での初タイトル獲得を目指していますが、将棋界では50歳を超えてもタイトルに挑戦、獲得した記録があります。

将棋界の最年長タイトル挑戦・獲得はもちろん将棋界のレジェンド大山康晴十五世名人

  • タイトル最年長挑戦:大山康晴

(66歳11か月・棋王戦)

  • タイトル最年長奪取:大山康晴

(56歳11か月・王将戦)

56歳でのタイトル獲得、66歳でのタイトル挑戦は今後破ることのできない大記録とも言われています。

現在50歳でありながらいまだトップ戦線で活躍する羽生善治九段、46歳にして名人と互角に渡り合っている木村九段らベテランがこの大記録を塗り替えることができるかも楽しみですね!!

まとめ

最年長初タイトル獲得記録まとめ
  • 現在の記録は有吉道夫九段の37歳6ヶ月
  • 木村九段が更新すれば46年ぶりの更新&記録を9歳大幅更新
  • 9月25日、26日の王位戦の結末に注目!!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

それでは、また次の記事でお会いいたしましょう!!