将棋雑記

新生将棋フォーカス2ヶ月目の感想~伊藤かりんさんの活躍と新MC向井葉月さんに期待されること~

こんにちは味噌人です。

今日は久しぶりに4月からリニューアルされた将棋フォーカスについての感想を書いていきたいと思います。

伊藤かりんさんの将棋界での活躍

では、早速将棋フォーカスの感想を…と行きたい所ですが、その前に将棋フォーカス前MCの伊藤かりんさんが将棋親善大使に就任されましたので、その話題を。

就任式は将棋大賞の表彰式と同日に行われ、錚々たる面々が見守るなか、佐藤康光将棋連盟会長から委嘱状が手渡されました。

改めてかりんさんのこれまでの将棋普及の功績が評価された形ですね、おめでとうございます!!

かりんさんと言えば、将棋ファンの間ではこちらの写真も話題となりました。

将棋界のレジェンドofレジェンド、羽生九段にまさかの『振り飛車党』タオルを持たせての写真撮影!(注:羽生九段は居飛車採用率90%超の居飛車党です)

かりんさん自身の仰ってましたが、恐れ知らずですねw

他にも生粋の居飛車党である加藤一二三九段や郷田九段にも『振り飛車党』タオルを持たせての撮影に成功したかりんさん。

これもかりんさんのこれまでの活動や人柄が将棋界で愛されているからこそ出来た事でしょう!!

引用:伊藤かりんさん公式ブログ

そして、かりんさんの乃木坂46卒業アンダーライブには多くの棋士が駆け付けました!!

旧MCの山崎八段や中村七段、師匠である戸辺七段、そして現MCの高見七段などに交じって佐々木勇気七段が一番はしゃいでるのは将棋界あるあるですねw

将棋フォーカスのMCとして4年間活動をするなか、その熱意あふれる普及活動と高い発信力、そして何より将棋愛で世間と将棋界の橋渡し役として大活躍し、将棋ファンや棋士からの絶大な信頼を得た伊藤かりんさん

新MCとなった向井葉月さんにも、かりんさんに負けない活躍が望まれますね!!

しかし、ハードルは果てしなく高いです…将棋ファンもMCになったばかりのかりんさんではなく、卒業間近のかりんさんの棋力やトーク力を前提にMCとしての向井さんを評価する節があります。

しばらく将棋ファンから厳しい目で見られて大変かと思いますが、一度信頼を得られれば簡単には離れないコアなファンになると思われるので、向井さんには頑張ってほしいですね。

向井葉月さんの成長

司会進行がスムーズに

将棋フォーカス新MCとなり早2か月。

最初は都成先生や高見先生との会話のタイミングが合わず、少しハラハラしながら見ていましたが、ようやく緊張がほぐれてきたのかスムーズな進行が出来るようになってきましたね。

将棋フォーカスは3~4本撮りと言われているので、初回の3MC揃い踏みの特別版を除けば、まだ3回目の収録と思われるなか、急成長といってもいいでしょう。

というか、だいぶ噛まなくなりましたね

滑舌も凄く聞きやすいというわけではありませんが、回を重ねるごとに気にならなくなってきました。

やはり噛みまくり&滑舌が悪かったのは、緊張のせいだったんですかね??

とりあえず番組視聴に支障をきたさないレベルなので、序盤のハードルはクリアしたといってもいいでしょう!!

両棋士との相性

ここまで見てきた感想としては

都成先生:〇

高見先生:△

こんな印象です。

というか、都成先生が女性の扱いが上手いだけという気もしますが、お互い会話のタイミングがあまり被らないですね。

都成先生を特集した回では、一人暮らしの男性宅冷蔵庫に使いかけの味噌が入っているのをめざとく発見し突っ込むなど、天然なのか計算なのか分かりませんが、かなり際どいラインに踏み込んでいました…これは攻め将棋の資質がありそうです。

都成先生相手なら早い段階で持ち味の天真爛漫さが発揮できるかもしれませんね。

高見先生との会話はまだ回数が少ないからかお互い遠慮気味な感じでしょうか?

これからに期待ですね。

棋力について

詰将棋

まだ番組が始まったばかりなので何とも言えませんが、詰将棋を勉強しているのが分かるのは好印象です!!

詰将棋を解くときに、しっかりと駒の効きを指さし確認してますし、普段からこうやって解いてるんだなというのが伝わります。

結構難しい1手詰めも解けてましたしね

『のぎおび』では師匠である中村太地先生から3手詰の本と杏のジャムを貰ったと話していたらしいですし、少なくともプロに3手詰はイケると判断されている辺り、全くの初心者の域は脱していますね。

しかし、太地先生なぜ杏ジャムww

指し将棋

現在の棋力は初回時に認定を受けた10級ですが、将棋会館取材回では将棋の聖地『鳩森八幡神社』の将棋堂に目指せ9級の絵馬をかけて、ナレーションにもっと上を目指そうと突っ込まれてましたね。

実際に対局している様子としては、前回の将棋アプリ特集で将棋ウォーズの対局を序盤だけやっていましたが、気になることが一つ。

飛車先突破を受ける時に、金上がりではなく、銀上がりで歩を支えてましたね。

うーん、力戦派!!

いや、左美濃にするとか雁木に組みなおすとか、銀上がりも絶対ないわけではないんでしょうけど、ほぼ定跡として一番最初に覚えるところなので、明らかに平手の対局は慣れていないですね。

多分太地先生の方針として詰将棋と駒落ち特化でやっているんでしょう。

それはそれで将来的な成長は期待できそうですが、銀上がりで受けたのを見て5ちゃんとかで突っ込まれそう!!と思ったので、早めに平手の形にも慣れられるといいですね。

…まぁ、詰将棋と駒落ちやってたら定跡覚える時間なかなか取れないでしょうけど((+_+))

高見泰地七段について

ご存知の方も多いかとは思いますが、残念ながら叡王を失ってしまった高見先生。

直近の収録も叡王戦後なのか、若干元気がない様子ですね…。

トークもNHKという事を意識しすぎているのか、まだまだ全く本領を発揮できていない感じですね。

というか、高見先生は積極的にボケていって雑に突っ込まれてこそ活きるキャラクターなので、突っ込み役不在の将棋フォーカスでは、立ち位置をどうするかかなりの試行期間が必要そうですね。

年下のアイドルにバンバン突っ込まれる姿も見てみたい気もしますが、その光景が見られるようになるには何年かかかりそうです。

あと、将棋フォーカスでは伝統的にタイトル戦の結果は必ず伝えるので、叡王戦の特集の時にMCは都成先生なのか高見先生なのか、そして高見先生だった場合はどこまで吹っ切れるのかが気になります

都成竜馬五段について

師匠の谷川九段も指摘するように、大抜擢だった都成先生の新MC就任でしたが、ここまで見る限り大成功ですね。

イベントなどでお会いしたりトークを聞いたなかでは、少し固い印象を持っていましたが、NHKの水が合うのか将棋フォーカスではとても自然体で安心して見ていられる名MCぶりを発揮。

話しやすい空気作りが上手いのか、それともどんなトークをしても許してくれそうな柔らかな雰囲気があるのか、向井さんも積極的に絡みに行っている印象があり、相性も良さそうですね。

何よりイケメンですし。

本業の将棋もこれまで5連敗中だった藤井聡太七段を破り、棋王戦本戦トーナメントに進出するなど絶好調。

MC就任を契機に全国区で名前も売れてますし、大ブレイクの予感です!!

菅井流やんちゃ振り飛車について

ここまで見た感じをまとめると

  • 内容:◎(頻出系を丁寧に意図も分かりやすく説明。直近の序盤講座で一番良いかも)
  • 対象棋力:初段前後(初級者にはやや難しいか)
  • 講師:△(ようやく声が聞こえるように。ただ普段の菅井先生の面白さをもっと出してほしい…ボケても良いのよ?)
  • 聞き手:〇(聞き取りやすい声、菅井先生へのフォローなど流石の貫禄。ただ事あるごとにやんちゃアピールはさすがに無理筋
  • 総合評価:〇(とにかく内容が素晴らしく必見。ただ、やんちゃ感はない。鈴木先生がどれだけこじつけようとやんちゃ感だけは全くない)

こんな感じでしょうか。

講座のまとまり方が素晴らしく、頻出系や気になる変化をしっかり抑えてくれています。

棋力的に初段前後が対象かと思いますが、振り飛車党のみならず居飛車党にも強く勧めたい内容です。

早く棋書の形で読みたい名講座ですね。(講座だと唐突なやんちゃ推しが気になって集中できないので)

まとめ

新生将棋フォーカス2ヶ月目の感想
  • 向井葉月さん急成長中
  • 高見先生元気出して!
  • 都成先生は大ブレイクの予感
  • 講座は最高の出来。ただやんちゃ感はない

こんな感じですかね。

今後も定期的に将棋フォーカスを記事にすることがあるかと思うので、お楽しみに!

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました、コメントなど頂けましたら幸いです。

それでは次の記事『将棋で初段になるためのおすすめ将棋本 10選+α ~137名が選んだ将棋棋書ランキング2019~』でお会いしましょう!